2015年4月3日金曜日

4万円以下の安い32型液晶テレビ(録画機能付)7機種を比較してみた

 テレビ壊れました・・・(笑)この資金繰りが厳しい春の時期に壊れるとは・・・予算はかなり限られますが買い替えのため徹底比較をしてみました!

 調べてみると一見同じように見えるTVも各社によって結構違いがあるんですね。安いけど画質の良い、おすすめの液晶テレビを探している方の参考になれば幸いです。

低予算でもこだわりたい


 低予算だからって映れば良いという訳ではありません。低予算なりに性能にはこだわりたいもの。もちろん妥協は必要ですが、どれでも良いという訳ではありません。

 2人暮らしのリビングに置くサイズとしては30インチ前後は欲しい所。商品としては32インチがボリュームゾーンで各社が出しています。

(参考)Amazon 32インチ録画対応テレビ検索リスト

 今回の選択条件は次の通り。
  • 録画機能が付いている機種(外付けUSBでのハードディスク録画)
  • 実売価格が4万円以下
  • 32型  (32V)
  • マイナーメーカーの場合は実機が見られそうなもの

※すべて個人の印象です。間違いがあったら指摘してください!

機能の比較:メーカーによって意外と違いがある


 4月1日(2015年)時点での価格コムの最安値で集めてみました。ソニーが無いのは4万円以上だったからです。自分が重要だと思う所や、他社と違う所は黄色にしています。
(スマホで表が見にくい場合は、表の下の画像をクリックしてください)

7メーカー格安録画対応TVの比較一覧
メーカー ハイセンス DX 
アンテナ
オリオン 東芝 シャープ パナソニック 三菱
型番
HS32K220
LVW32EU3
DNX32-3BP
REGZA
32S8
AQUOS
LC-32H20
VIERA
TH-32A305
REAL
LCD-32LB5
発売日
14年5月
14年8月
14年4月
14年1月    
15年2月
14年7月
14年5月
価格(4/1)
¥29,500
¥30,587
¥32,800
¥36,480
¥38,565
¥39,731
¥38,800
画素
1366×768
バックライト
直下型
LED
LED
LED
直下型
LED
直下型
LED
LED
LED
IPS液晶 -  -  -  -  -
-
倍速液晶
なし
画面分割 - - - -
放送/外部
- -
左右視野角
170度
178度
89度/89度
?
176度
178度
?
SPとイヤホン
同時使用
可能
可能
?
?
?
可能
可能
チューナー数
2
2
1
1
1
1
1
録画機能
裏録
裏録
留守録
留守録
留守録
留守録
留守録
音声付早送り
あり
?
あり
あり
?
あり
?
音声出力
ヘッドホン除く
同軸D
-
-
HDMI端子
2
3
2
2
2
2
2
D-sub
1
-
-
-
1
-
1
D端子
D4
D4
D4
なし?
D5
D4
D4
LAN
あり
消費電力
60W
50W
63W
61W
63W
63W
52W
待機電力
0.3W
0.1W
0.2W
0.2W
0.1W
0.1W
0.2W
注:わかる範囲で調べたものなので内容の保証は致しません。購入の際は必ず確認してください。

スマホで表が見られない場合はこちらの画像をクリックしてください。

画質の比較:実際に見ると各社の特徴がある

※私が実際に3店舗の店頭で見た感想です。個人の印象なのでご了承下さい。

ハイセンス:HS32K220 の画質レビュー



・安い割に白のヌケが良くてコントラストが良好に見える。明るく鮮やかな印象。
・店頭ではコントラスト強すぎて顔など不自然に見えるが、標準に設定すると結構自然な画質。
・動きの追従性は悪くない。許容範囲。
・肌の質感は東芝には及ばないが健闘している感じ。ややべたっとした傾向。
・横視聴も良好。スペックでは視野角狭いが気にならない。

※ハイセンスは中国でTV販売トップのメーカー(海信グループ)。日本メーカー(日立らしい)と液晶テレビの共同開発していた時期がある。現在はケーズ電機など量販店ルートで販売。しかし『Hisense』って名前・・・ちょっとセンスが。
メーカー商品ページ:http://www.hisense.co.jp/tvs/K220/32class.html

DXアンテナ(DXブロードテック):LVW32EU3 の画質レビュー



・東芝的なしっとりした傾向の画質で意外といい印象。
・ちょっと暗いかなと思うが調整で追い込めそうかな?
・肌の質感は、すこしべたっとする絵の印象。あまりノイズは気にならない。
・動きの追従性は悪くない。許容範囲。
・横視聴も良好。気にならない。

※DXブロードテックは日本の船井電機のTVを販売する会社。DXアンテナが船井電機傘下に入り旧FUNAIブランドのTVはDXアンテナの販路で販売している。ちなみに三菱電機の安価なTVは船井電機OEMらしいという噂。
メーカー商品ページ:http://www.dxantenna.co.jp/catalog/lvw32eu3/top.html

オリオン電機:DNX32-3BP の画質レビュー


・全体的に明るいが、やや白っぽい印象。コントラストの問題か、調整で追い込める?
・横から見るとさらに白っぽく見える。横からの視聴は少し気になるかな。
・画質はシャープに似て、明るいが少しノイジーな印象。
・動きで少しボケる印象。ちょっと気になるかも。
・後継機はDTX32-32B Dから始まる機種が裏録対応のWチューナー機のようです。
※オリオン電機は福井に本社のある日本メーカー。自社ブランドORIONの他、国内外のメーカーのOEM製造をしている。100%自社工場での製造だそうです。
メーカー商品ページ:http://www.orion-electric.co.jp/jp/series/dnx/

東芝:REGZA 32S8 の画質レビュー



(追記)後継の32S20(右)では追従性がかなり改善していました。

・第一印象は一番綺麗に見える。コントラストが良好な感じ。
・しっとり落ち着いた画質で液晶TVっぽくない。プラズマに近い印象。
・肌の質感は緻密で自然。ノイズ感・べた塗り感が少ない。
・ただ、動きの追従性は厳しい。動きに残像がありモヤっとする。
 (追記)後継の32S20では追従性がかなり改善して許容範囲になりました。
・横からの視聴でも色の変化が少なくて良好。

※東芝は液晶テレビの画質には定評がある。残念ながら海外向けは自社開発から台湾メーカーへの委託に切り替えるらしいが、国内は大型を中心に製造を継続との事。
メーカー商品ページ:http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/s8/


シャープ:AQUOS LC-32H20 の画質レビュー


・第一印象は鮮やかな画質。
・ただ店頭設定ではノイズが目立つ。肌の質感もざらっとした感じでいかにも液晶って感じ。
・標準設定にするとノイズ目立たないが色薄い印象。調整でどこまで追い込めるか?
・動きの追従は良好。残像は気にならないレベル。
・横からの視聴でも変化が少ない。
・(追記)裏録対応機のLC-32H30も安くなってきていますね!

※言うまでもなく液晶テレビの有名メーカー。TV事業は苦戦しているが独自の液晶パネルが有名。昔からシャープの液晶テレビは独特の画質で評価が分かれる気がする。
メーカー商品ページ:http://www.sharp.co.jp/aquos/products/lc32h20_outline.html

パナソニック:VIERA TH-32A305 の画質レビュー


・東芝ほどではないがキレイな印象。
・追従も良好で、肌の質感でもノイズはあまり気にならない。
・横からの視聴でも変化が少ない。
・特に悪い所はないんだけどなぜか印象に残らない・・特徴が無いのが良い所かな?

※かつてプラズマテレビも製造していて画質も液晶より良かったんだけどなぁ・・・今はなくて残念。でもさすがに無難にまとめるのが巧い印象。
メーカー商品ページ:http://panasonic.jp/viera/products/a305_300/

三菱電機:REAL LCD-32LB5 の画質レビュー(未見)


・実機を展示している所がまだ見つからないので未見です・・・。

※DLNA/DTCP-IP /カードスロットなど、同価格帯の他機種にはない機能が盛り込まれたり、コストパフォーマンスは高い印象。ウチのHDDレコーダーDVR-BZ130もコストパフォーマンスは高い機種でした。無骨なんだけど質実剛健な感じ。
メーカー商品ページ:http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ctv/old/lb5/32lb5.html

格安とはいえ機種によって特徴がある
店頭でチェックするときはココがポイント!


 意外と機種によって画質の傾向が違いました。好みもあるので買う場合は、やはり実際に見に行く必要がありますね。

 見る時のポイントは・・・

  • ノイズや肌の質感
  • 横・上・下から見た時の色の変化
  • 動きのあるときの追従性(ブレやボケなど)

スポンサーリンク

画質         

 店頭では鮮やかすぎるダイナミックモードとかになってるので、可能ならばリモコンで画質をノーマルモードにしてみると実力が分かります。肌の質感に違和感がある場合はノイズリダクションを弱くすると自然になる場合もあります。

 直下型LEDっていうのは初めて知ったんですが、やっぱりコントラストに良い影響がありそうな感じ。白の鮮やかさを感じました。気のせいかもしれませんが。

 視野角数字じゃわかりませんね。色の変わり方も機種によって違うし、これは好みが出るかもしれません。

 追従性 横に流れるテロップはもちろんですが、ダンスシーンなんかも注目。つい目で追ってしまうのでブレが大きいと酔います。これも気になる人は我慢できないポイント。

機能         

 機能面も地味ですが結構違いがあります。特に注目は音声出力

 薄型テレビの音質はイマイチというのが定評ですから、初めっから外部スピーカーを利用するつもりです。まあヘッドホン端子でも用は足りますが・・・できればライン出力かデジタル出力を使って良い音質で繋ぎたいですよね。(ヘッドホン端子だとリモコンで音量調節できるメリットはありますが)

 録画機能では裏録(TVみながら裏番組を録画)は便利ですね。大手メーカーも上位機種ならWチューナー機種がありますが、4万円以下ではハイセンスとDXアンテナだけでした。シングルチューナーだと別番組見ながら録画ができないので、実質的に不在時か就寝時しか使えません。

 どの機種にするか・・・むずかしい問題ですね。
 購入したらレビュー記事を書く予定です。

追記購入しました!レビュー記事はこちらをクリック

『オーディオ・ビデオ』の記事を読む
『アニメ』『スピーカー』『備忘録・Mac・その他』『生活』もどうぞ。
スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿

お気軽にコメントください!