2015年11月25日水曜日

ガールズ&パンツァー 劇場版 感想 (通常版):ブラボー!と叫びたくなる傑作映画

 完全に甘く見てました・・・ガルパンの映画『ガールズ&パンツァー 劇場版

ガールズ&パンツァー 劇場本予告
Bandai Visual (公式配信)

 この映画どうだった?と問われれば、誰だって『スゴイ映画』と言うしかない。まさに、満を持して公開された、練りに練られた渾身の作品。妥協というものを知らない『劇場版』の名に恥じない大作。エンディングで心の底からブラボー!と叫び、立ち上がって拍手したくなる作品でした。
※重大なネタバレは避けたレビューになっていますが未見の方はご注意ください。
※こちらは通常の劇場版レビューです。4DX版については下記のリンクの感想があります。
【関連】4DX版も見てきました。4DX ガルパン劇場版 感想:この猛烈な楽しさは4DXのキラーコンテンツだ! - アニメとスピーカーと‥‥。

練りに練られた構成・脚本


『日常系ゆるふわ萌えアニメ』と『荒唐無稽だけど硬派な戦闘アニメ』が並存する妙味がTVシリーズからの特徴ですよね。劇場版では双方をスポイルすることなく、最大限に生かしたまま昇華させることに成功していると思いました。

相容れない2種類のジャンルを並存させる妙味
劇場版ではそれがより高いレベルで融合される
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 本予告より
当ブログの画像引用について

 よくぞこれほどまで!と思うほど作り込んだ脚本。練りに練られた構成。大別すればバトル・日常・バトルの3部構成ですが、決してぶつ切りになるわけでなく、バトルシーンでの萌えアニメテイストの並存のさせ方が素晴らしいですね。

戦闘シーンとゆるふわアニメの共存のさせ方が見事
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 本予告より

 どちらに偏るのではなく融合してるんですよね。だから他の作品には無い、とっても不思議な面白さがあると思います。特に劇場版ではそれが顕著に感じました。

ヒリヒリするような緊張感


 TVシリーズより、さらにリアリティーの増した戦車の描写。スコープでの映像も違和感なく、乾いた弾道の音甲高い跳弾の音・・・ヒリヒリするような緊張感!劇場ならではの飛び交う音響と地響きで、恐ろしくなるほどの戦場のリアリティを表現しています。

飛び交う砲弾、飛び散る跳弾
劇場鑑賞に値する音響
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 本予告より

 それにもかかわらず、その中で萌えアニメ的やり取り。リアリティと荒唐無稽戦闘と日常。このバランスが絶妙で破綻することなく並存している。本当に面白いです。手に汗握る戦闘シーンで『涙あり、笑いあり』が成立しているんですよね。戦闘シーンの最中も、とにかく笑いが絶えませんでした。

戦闘と日常系の並存の面白さ
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 本予告より

絶対死なない設定なのに・・・


 本作の最大の特徴。絶対死なない設定・・・これを受け入れることが本作を楽しむパスポートのようなもの。TVシリーズでは個人的になかなか受け入れられずに難儀しました。

絶対死なない設定の本作
泣かされることはありえないと思っていたが・・・
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 本予告より

 だから劇場版でも戦闘シーンで絶対死なないんだったら泣くポイントもないだろ・・・と甘く見てたんですよね。まさかカチューシャのシーンで感動してしまうとは・・・やられました(泣)ちょっとベタだけど、完全に不意を突かれましたね。気づいたときには涙が出てましたよ。嘘だろ・・・やられたって感じです。

素敵な吉田玲子さんの脚本


 中盤の静かなシーン。ゆるふわ脚本が得意の吉田玲子さんらしいとても素敵なシーンだったな。『たまこラブストーリー』好きなので、ガルパンの脚本が吉田玲子さんだと知った時は驚いたのですが、彼女だから起こる化学反応を期待されたのかもしれませんね。吉田さんの作品って単にゆるふわで終わらず独特の味わいが残るんですよね。

 しかも、これほどたくさんのキャラクターがありながら全然埋没させない。私のようにTVシリーズうろ覚え程度の観客にも意味不明になることなく演じさせる力量には驚きます。

緩急のある構成で119分間、全く飽きさせない
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 本予告より

 緩急のつけ方にも感心しますが、しかし、後半の長時間にわたる戦闘シーンではさらに驚かされます。手に汗握る戦闘シーン。長時間にもかかわらず全く飽きさせず、むしろ笑いが絶えないくらいでしたね。

終盤に加速する圧倒的な緊張感!


 しかし終盤クライマックスに入ると、あれ程までに楽しくやかましかった会話が一切なくなります。あるのは時折見せるサインだけ、このものすごい緊張感の高め方!すごい演出です・・・本当にすごい!

 ただただ繰り広げられる戦闘。この圧倒的迫力緊張感。荒唐無稽にもかかわらず、極限まで突き詰めた世界は観客の感動を誘わずにはいられません。

後半の長時間の戦闘シーン
練りに練られた構成には圧倒される
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 特報より

 これほどまでの戦闘シーンを作り上げたことに圧倒されて自然と涙が止まらなくなりました。本当に不思議ですが、なんだかわからないけどすごい!って事実に感動してしまったんだと思います。EDまで涙が止まらずハンカチ用意してなくて本当に困りましたよ。

ブラボー!ブラボー!賞賛の拍手


 よくぞこれ程のものを作ったもんだ・・・ただただ、敬意を表したくなりました。終了後に拍手が鳴った会場があったそうですが、その気持ち本当にわかりました。素直にそう思います。終了後もすぐに席を立つことができませんでした。

ゆるふわなオープニング時は
ここまでの大絶賛になるとは想像もできなかった
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 本予告より

 それは、単にストーリーで感動したというのではなく、制作陣の超絶技巧、例えれば素晴らしい演奏が終わった時のような、完璧な演技が決まった時のような・・・とにかく『ブラボー!』と叫びたくなるようなクライマックス。とにかくスゴイ!と賞賛したくなる作品。

 努力の結晶って言葉があるけど、この作品こそ光り輝く結晶のような作品だと思いました。どれほどの苦労があったのか、限界まで妥協しないという水島監督はじめ制作陣の執念に当てられてしまうのだろうと思います。

実はTVシリーズはちょっと苦手だった・・・


 ここまで絶賛しておきながら言うのもなんですが、実はTVシリーズはちょっと苦手だったんですよね。キャラがそれほど好みでなかったのと、絶対死なない設定にどうしても馴染めなくて・・・。正直ファンとは言えませんでした。

 だから劇場版もどうしようかなぁ・・・と思ってたのですが、Twitterでとにかくスゴイ興奮の声・・・。本当に見に行ってよかったです。

 ちなみに本作は昨今の右傾化と関連して語られることもありますが、その心配は杞憂ですね。極端にデフォルメ表現されているのでリアルと混同する人はいないでしょう。

本作では何度笑わせてもらったことか・・・
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 特報より

 それどころか、弾道のリアルな音などは戦場の恐怖感を強調していますし、むしろ旧日本軍を皮肉るようなセリフは右派論者が怒るのではないかと心配するほどですね。本作の方向性が戦争礼賛でないことは明らかでしょう。戦車がカッコイイと感じるのは自然だしむしろ平和的。健全な日本のエンターテインメントの傑作ですね。

戦車がカッコイイのは仕方ない
© GIRLS und PANZER Film Projekt / 本予告より

 一般人向けとしては萌えキャラと独特の世界観がハードルになりますが、より洗練された劇場版は、自分のようにTVシリーズで入りきれなかった人でも力技でねじ伏せてくれるすごい作品でした。

監督:水島努/脚本:吉田玲子/制作:アクタス
ガールズ&パンツァー公式ページ

(追記)映画レビュアーのヒナタカさん。TV版未見でも問題なく楽しめたそうです。
『えーと、自分はおそらく1000人中1人くらいの割合の「テレビシリーズを一切知らない&予備知識がまったくないのに劇場版を観に行った」奇特な人間なのですが(ファンの方ごめんなさい)、それでもめちゃくちゃおもしろかったです。』 - カゲヒナタのレビュー より
【関連】4DX版も見てきました。4DX ガルパン劇場版 感想:この猛烈な楽しさは4DXのキラーコンテンツだ! - アニメとスピーカーと‥‥。
他の『アニメ』の記事を読む
『スピーカー』『オーディオ・ビデオ』『備忘録・Mac・その他』『生活』
当ブログの引用画像について法律上の扱いについての説明
スポンサーリンク


8 件のコメント:

  1. 以前ここさけでコメントした者です。
    ガルパンもすでに4回見ました!色紙もセミコンプです!西住姉妹の色紙がダブりました(笑)
    ここさけの時は一人でしたけどガルパンは毎回後輩がついてきます。彼は色紙コンプしてました。

    客は見た感じ男性ばかりですけど女性や家族連れも少数ですけど見に来てましたね。しかも子供は女の子で驚きました。

    自分の泣けたポイントは最後の試合開始の時の『待った~~!』のところでした。

    ラストシーンに完とかおしまいとか出ないのは続編の可能性があるのかと考えてしまいました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      ガルパンはアニメファンなら誰でも安心して勧められますね。
      ここさけと違って感動ポイントは結構人それぞれみたいですが、これだけ満足度の高い作品も珍しいのではないかと思います。
      ラストはおしまいの表示が無かったんですね。涙拭いてて気付きませんでした(笑)続編あってもおかしくない終わり方ではありますよね。ラストがあっさりしすぎとの意見もありますが、個人的には超絶バトルからスッと終わる感じが好きだったりします。
      ありがとうございました!

      削除
  2. お初です、通りすがりです。
    昨日遅すぎながら劇場版を見に行き 余韻が冷めずここに来ました。
    遅すぎて特典が無くなって何一つもらえませんでしたorz
    まあでも見に行って良かったです、劇場で大砲音がドカンドカンと響いてきて臨場感抜群です。
    すごいですね~劇場版、終始笑みが絶えませんでした。
    やさぐれてるそど子 きゅうり囓ってるそど子 冷泉さんに注意されるそど子
    そど子三昧ですねw今回はアリクイさんチームも活躍していていい感じでした。
    各隊長も参戦し序盤大洗有利かと思われていたら、カール自走臼砲からの砲撃(もはや爆撃)で!!???? (600mm砲弾てあんな化け物ありなの!?)
    ラスト辺りの島田愛里寿が狩るセンチュリオン無双と、一機で西住姉妹と互角以上に渡り合うハイレベル戦、みほとまほのファイナルアタックで決着!!。
    (今までのカールやT-28撃破のインパクトが強すぎて、ここは若干え?勝った?的な印象でした)
    2時間くらいあったはずですが、めちゃめちゃ短く感じましたw
    面白かった反面ラストになるにつれ終わってほしくない・・・と若干悲しかったですね。
    続編本当にしてほしいけど、でもこれ以上のものはちょっと難しいかな?
    大洗にしても今回で目的が達成してますからね、あるとすれば次はワールドカップか・・らぶらぶ大作戦もありですかね。
    ラストの感想は自分もあっさりしてると思いました。
    学園艦到着~で終わったので、その後の様子とかみほのパンツァーフォーとか描いてほしかったな と。
    まあ 一言で言えば 大満足でした 円盤必ず買いますw

    返信削除
    返信
    1.  2213さん、コメントありがとうございます!
       熱くなる気持ちすごくよくわかります。見終わった後あれだけ高揚感のある作品ってなかなかないですよね。私も終始、笑って泣いて手に汗握ってと、激しく感情が動いたのを思い出します。
       ずいぶんお詳しいのに初見なんですね。私のようにそれほど詳しくなくてもかなり興奮してしまったのですから、2213さんくらい詳しいとさらに衝撃も大きかったのでしょうね。本当に荒唐無稽な所があってもなぜか気にならない、すごい作品でした。
      ありがとうございました!

      削除
  3. ご無沙汰してます。こちらの上映は終了してしまいました(泣)約2ヶ月で19回見ました!フィルムもゲットして麻子の朝起きなくて良いんじゃないか? 継続高校とバトルするパーシング単体 C5Mスーパーギャラクシーのサンダースのマーク C5M~からタラップ降りながら手を振るケイさん 会長『これで戦車を取られないですむね』 序盤の大洗市街戦で外でのんびり紅茶飲んでたと言われた時のチャーチル プラウダのサブキャラのお風呂シーンとなかなかのフィルムもらえました!…本当はⅣ号のフィルム欲しかったですけど。ラブライブのライブインシアターとカブってラブライブ見たので20回行きませんでした…が!!4DX上映決定して前より近い映画館で上映する事になりました!
    話 変わって前のコメントの時 ラストシーンにエンドマークが無いと話しましたけど、何回も見て本編ラストシーンが継続高校…継続…続…とか思って期待してしまいます。(笑)
    最後に最終日に見に行ったのですけど満席状態でした。今までいろんな映画見ましたけど、こんな事は初めてでガルパンの人気の高さを実感しました。

    返信削除
    返信
    1.  TTさん、いつもコメントありがとうございます!
       19回とはすごいですね!まあ、フィルム配布があるとつい『もう1回』と背中を押されちゃいますが・・・(笑)自分はフィルムについては我慢しちゃいました。
       でも映画館で見る価値の高い作品だから気持ちはわかります。私もラブライブの方もあるので、あんまり映画館ばかり行くと奥さんの機嫌が気になって・・・。
      最終日でも満席状態ってすごいですが、みんなに支持されている作品と証明されて気持ちがいいですね。終盤でも見に来てる人って当然熱心なファンなので、不思議な一体感を感じることができるんですよね。あれも映画館ならではだよなぁと思います。
      このページもまだけっこう閲覧数があるので関心が衰えないなぁとびっくりしている所です。コメントいただけると励みになります。ありがとうございます!


      削除
  4. 自走砲(カール)は航空支援なしでよくみつけられるなと思った。(雷のように光と音の速度差を生かして察知はできない。理由はマズルフラッシュがない。弾道だって着弾はほぼ真上からだし。)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。なるほど、確かに言われてみればそうですね!詳しい状況は覚えていませんが、音の方角へ探索に行ったら見つけたんでしたっけ?カールの射程は自走砲としては短いみたいなので方角だけでも運が良ければ発見できるということでしょうか。

      削除

お気軽にコメントどうぞ!古い記事でも一言でも嬉しいです。